トップページCMT推進工法のシステム

CMT工法概要

CMT工法について(超長距離・複合推進工法)

CMT工法(複合推進工法)は岩盤・砂礫など硬質地盤推進工事からシルト・流砂に至る超軟弱地盤推進工事、また1000mを超える超長距離推進工事、施工途中の障害物を掘進機内から除去しての推進工事、さらには土被りが極端に少なく上部構造物への影響が懸念される推進工事、など『如何なる条件下の工事をも失敗することなく安全・確実に完遂すること』を基本テーマとして開発した複合推進工事システムです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

軌道、住宅街、道路、河川、山岳下など、あらゆる推進に対応できる
複合推進工法が、CMT推進工法です。

動画で見るCMT推進工法



  

複合推進工法(CMT工法)は単一システムの工法ではなく、推進条件に応じて推進システム、排土システム等を複合的に組み合わせ、現場の施工条件に対応する。

即ち「複合したシステムを組み合わせる」という事が出来る、システムの総称です。

代表的な「システム」は下記の通りです。

CMT岩盤推進システム

機内からビット交換が可能!φ800では当工法だけ

半岩半土地盤も掘進が可能

軟岩から硬岩までも掘進が可能

岩盤内曲進推進が可能

CMT玉石・砂礫地盤推進システム

超硬度の玉石混じり砂礫地盤の掘進が可能

管径より大きな転石・玉石も掘進が可能

緩い砂礫地盤内の玉石も地盤沈下なしに破砕掘進!
地下水位が管底以下の砂礫地盤でも水力排土掘進!

CMT超軟弱・流砂地盤推進システム

ノーズダウンさせずに高い施工精度での掘進が可能

流砂地盤でも取込み過剰・上載土崩壊なしに掘進可能

 

 

CMT長距離推進システム

小さな推進抵抗で推進が可能!

推進期間が長期になっても小さな推進抵抗で推進可能
推進完了後も推進管路の浮沈は生じません

 

CMT曲線推進システム

安定した曲進線形で推進可能!

多関節の中折れ掘進機で急曲線推進が可能!

曲進線形が安定する為必要なテールボイドが極小

地表への影響は最少にて推進できます

CMT切羽障害物撤去推進システム

色々な種類の障害物の除去が可能!

補助工法を用いて確実な安全対策の下で機内より障害物を除去!

 

CMT工法のあゆみCMT工法は、1980年代から難しい推進を手がけてきました。

工法協会の設立以前から、設立の経緯・設立後の活動などを纏めた「CMT工法のあゆみ」を、ぜひお読みください。>>> CMT工法のあゆみ(PDF形式 約750kb)

ページの上へ

長距離複合推進工法|CMT工法協会サイトトップ

施工実績

代表的な施工事例です。

改築推進工法

山口県宇部市

φ840mm

大中口径管改築推進工法

 

紹介動画あり

愛知県

愛知県豊橋市

φ1000mm×1448m

500R 3箇所,700R 4箇所

新潟県

新潟県

φ1350mm

可燃性ガス含有地盤
高土被り
山岳下 120m

神戸市

神戸市

φ1000mm×251m

障害物

地下鉄築造時の親杭

(H300×300-9本)

お電話でのお問い合わせはこちら

06-4303-6026

CMT工法協会事務局

http://www.suiken-cmt.co.jp/

〒547-0002
大阪市平野区加美東4-3-48
株式会社推研 内

TEL 06-4303-6026
FAX 06-4303-6029
E-mail info@nullsuiken-cmt.co.jp