トップページCMT推進工法のシステム超軟弱・流砂地盤推進工法

CMT工法概要

超軟弱・流砂地盤推進工法

特長1 ノーズダウンせずに高い施工精度での掘進ができます

N値=0の自沈軟弱地盤でも先端降下しません

複合掘進機は機体を殻構造にすることにより軽量化し、単位体積重量16kN/m3の軟弱泥土の浮力とバランスを取っています。

しかも、特殊設計によりカッター駆動用原動機等の重量機器類を掘進機の最後尾部に配置するなどの構造を採用し、他の工法で使用する掘進機に比較して掘進機の重心位置が中心側にあります。

よって、どのような軟弱地盤の中でもノーズダウンすることなく掘進することができます。

特長2 流砂地盤でも取込み過剰・上載土崩壊なしに掘進ができます

砂時計のような地盤内でも高い施工精度が確保できます

湧水性流砂地盤においてはカッターヘッドを回転しなくても、流砂がチャンバー内に流入し上載地盤が抜け落ちます。

CMT 軟弱・流砂地盤推進システムではモノスリットの開口率を2%以下にセットし、チャンバー水圧を地下水位以上に上げてチャンバー内の泥水がモノスリット口を通じてのみ切羽へ出る流れを作ります。

これにより、流砂の流入を完全に制御します。

カッター停止時も定位置停止装置を用いてモノスリットの停止位置を常に最下部にして、流砂流入制御を可能としています。

⇒ C.A.Pシステム(定位置停止システム)

その他のCMT推進システム

ページの上へ

長距離複合推進工法|CMT工法協会サイトトップ

夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら下記期間は夏期休業とさせていただきます。

 

【休業期間】
2020年8月13日(木) ~
2020年8月16日(日)

 

休日中のお問い合わせは、
8月17日(月)より順次おこなわせて頂きますので、ご不便等おかけいたしますが、何とぞよろしくお願い致します。

施工実績

代表的な施工事例です。

改築推進工法

山口県宇部市

φ840mm

大中口径管改築推進工法

 

紹介動画あり

愛知県

愛知県豊橋市

φ1000mm×1448m

500R 3箇所,700R 4箇所

新潟県

新潟県

φ1350mm

可燃性ガス含有地盤
高土被り
山岳下 120m

神戸市

神戸市

φ1000mm×251m

障害物

地下鉄築造時の親杭

(H300×300-9本)

お電話でのお問い合わせはこちら

06-4303-6026

CMT工法協会事務局

http://www.suiken-cmt.co.jp/

〒547-0002
大阪市平野区加美東4-3-48
株式会社推研 内

TEL 06-4303-6026
FAX 06-4303-6029
E-mail info@nullsuiken-cmt.co.jp