トップページ超長距離推進工法

超長距離推進工法

長距離推進工法(1スパン)1447.6m 世界記録樹立

工事の背景

当工事の沿道には江戸時代の東海道五十三次、第33番目の「二川宿本陣」などの歴史的建造物があり、豊橋市指定史跡地区であります。

道路は生活道路であるにもかかわらず、交通量は比較的多く、起終点以外に発進立坑築造が困難で、超長距離施工を検討せざるを得ない状況でありました。

また、施工対象地盤は必ずしも均一とは言えず、礫混じり粘土からシルト混じり砂礫、到達側の下部層は洪積砂礫層及び岩盤が想定されていました。

長距離施工に付き物の障害物としては、発進から約270m付近の小河川に架かる橋台下部の基礎杭に当たる可能性がありこれに対する対応が要求されていたために、1999年岐阜県笠松町において超長距離推進工事であるΦ1100―1006mの実績を有する、CMT工法が採用されました。

工事の概要

発注者
豊橋市上下水道部
工事名
公共下水道築造工事(3工区)
工事場所
豊橋市二川町~大岩町地内
施工
鉄建建設株式会社
協力業者
株式会社 姫野組 株式会社 推研
推進工法
CMT工法
1.推進管径:呼び径1000mm
2.推進距離:1447m(1スパン施工) 線形:700R-5箇所 500R-3箇所
3.立坑築造工:
  •    発進立坑-1箇所(2 管推進用4.4m×10.8m-7.07m)
  •    到達立坑-1箇所(3.2m×7.2m-5.7m)
  •    流入人孔用立坑-2箇所
4.土被り:平均-5.21m
5.土質条件:
  •    N値-15~60
  •    土質区分-礫混じり粘性土質砂~シルト混じり砂礫
  •    地下水位-GL-2.94m~GL-5.0m
  •    透水係数-2.9×10-3cm/sec~1.2×10-2 cm/sec
  •    最多礫径-20mm~50mm
  •    最大礫径-200mm

CMT工法の技術

当工事は、CMT工法の優れたシステムの中から、条件にあったシステムを
組み合わせて行われました。

今回の適用システムは

CMT工法システム 項目 項目
掘進機・面板方式 マルチカッター方式 ドーム型面板
排土方式 水力排土方式 C方式
岩盤推進システム マルチカッターの採用 ビットクラッシャー交換
長距離推進システム フローティングシステム 緩み土圧抑制材注入
プランジャ-ポンプの設置
ブースタ-ポンプ設置
設備管の設置
2管推進発進立坑
2連中押設備
マニキュア管の採用
換気冷却設備
ビット・クラッシャ-交換
曲線推進システム クッション材  
側土圧理論
管耐荷力の考え方
切羽障害物撤去推進工 圧気設備工 ブロア-・ロックユニット

 

豊橋市における超長距離推進工事報告

株式会社姫野組
土木第2グループ次長 正木 幹了 様 >>> ダウンロード(PDF形式約750kb)

 

 

推進工法による世界記録への挑戦  月刊推進技術 Vol. 22より

中日本建設コンサルタント株式会社
水工技術本部第3部 佐々木 理務 様
   >>> ダウンロード(PDF形式約750kb)

ページの上へ

長距離複合推進工法|CMT工法協会サイトトップ

夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、夏期休業を以下の日程で実施させていただきます。

 

【休業期間】
2018年8月11日(土)~
2018年8月16日(木)まで

 

休日中のお問い合わせは、8月17日(金)より順次おこなわせて頂きますので
ご不便等おかけいたしますが、何とぞよろしくお願い致します。

施工実績

代表的な施工事例です。

改築推進工法

山口県宇部市

φ840mm

大中口径管改築推進工法

 

紹介動画あり

愛知県

愛知県豊橋市

φ1000mm×1448m

500R 3箇所,700R 4箇所

新潟県

新潟県

φ1350mm

可燃性ガス含有地盤
高土被り
山岳下 120m

神戸市

神戸市

φ1000mm×251m

障害物

地下鉄築造時の親杭

(H300×300-9本)

お電話でのお問い合わせはこちら

06-4303-6026

CMT工法協会事務局

http://www.suiken-cmt.co.jp/

〒547-0002
大阪市平野区加美東4-3-48
株式会社推研 内

TEL 06-4303-6026
FAX 06-4303-6029
E-mail info@nullsuiken-cmt.co.jp